Aconcagua 遠征記
      Plaza Argentina滞在


12/24(休息日)
8:00起床。ヘリコプターの音がうるさい。このベースキャンプまではヘリコプターが来ており,
片道1500ドル(3人まで 荷物別)とのこと。
朝食後,医者によるメディカルチェック。ここで,高山病と診断されると,追い返されるらしい。
どきどきしながら,SPO2の測定ならびに問診。
SPO2は何故か90以上あり,問題無し。自分のパルスオキシメーターでは85程度なのになぁ・・・
荷物を整理し,
Campo Iへの荷揚げ分,Campo IIIへポーターで運んでもらう分,下山させる分,当面必要な分に分別。
本日はクリスマスイブということで,近くのドームテントではどんちゃん騒ぎが繰り広げられ,深夜2時頃まで続く。


小屋にお医者様がおわしまする。


キャンプ地周辺をぶらつくw


携帯食料の配給を受け,整理。でもコッテコテのお菓子ばっかですのぅ



夕食はもちろん肉料理!


デザートはアイスw


騒いでますのぅ・・・・夜中2時まで,空気が震えるほどの騒ぎでしたw


12/25(3.6km 834m 往復 Plaza Argentina ⇔ Campo I)
8:30起床。10:00頃出発。今日はCampo Iへの荷揚げということで,
15kgぐらいの荷物を背負う。
非常にゆっくりとしたペースで具合ヨシ。
ほどなくベースキャンプが見えなくなり,針状の雪柱(penitentes)がちらほらと出現する。
登山路は次第に急となり,砂礫状の歩きにくい道をウンウン登るとCampo I(5033m)に到着(15:00)。
ゆっくり,呼吸を意識して歩いたせいか高山病の気配は全く無い。
キャッシュする荷物を置いて,下山開始(16:00)。
行きは苦戦した砂礫は,下山時は具合良く,
富士山の砂走りのようにザクザクと気持ちいいペースで歩く(走る)ことができる。
17:20にベースキャンプに到着。標高差800m余りを1時間ちょいで下山は中々のものであるw


Aconcaguaは雲の中。こうなった中はえらいことになってるらしい。


ちょっと重めの荷物+急坂+高度の影響でポレポレと歩く。


山頂は寒そうですねぇ・・・



この雪柱のことをPenitentesというらしい。どうやってできるんやろ?


石がおおいですのぅ。


Campo I に到着。




下山中,改めてPenitentesを撮影。



ずんどこ、ずんどこと下山。


テントのそばに咲いてたお花。


今日も肉料理。まぁ,おいしいからええかw


12/26(休息日)
8:30起床。やや曇りの中,やることもないので,キャンプ地周辺を散策。
殺風景な砂利面と思いきや,よく見ると小さいサボテンの花が咲いてたりして面白い


ちょっと天気悪いですのぅ



サボテンの花!かわいいですな!


今日の夕食はカルボナーラ!



デザートはチーズケーキ!